メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、高中性脂肪、低HDLコレステロール血症、高血圧、高血糖が合併している状態で、心筋梗塞や脳梗塞の危険率が大幅に高まります。
Top 健康診断の結果が出たら > メタボリックシンドローム

健康診断でメタボリックシンドロームと診断されたら

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、高中性脂肪低HDLコレステロール血症高血圧高血糖が合併している状態をいいます。これらの危険因子は単独でも動脈硬化をすすめますが、複数の危険因子が重なり合うことで動脈硬化が促進されます。その結果、心筋梗塞や脳梗塞の危険率が大幅に高まるのです。

危険因子が集まると

冠動脈疾患を発症する危険度は、危険因子の数と強い関係があります。危険因子が1個か2個ある人が冠動脈疾患を発症する危険度は、危険因子を持たない人の5〜6倍ですが、危険因子を3〜4個持つ人の、冠動脈疾患を発症する危険度は、危険因子を持たない人の36倍にものぼります。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準は、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会の8学会がまとめ、2005年4月に公表しました。

メタボリックシンドロームの診断基準は、まず内臓脂肪型肥満かどうかを判定します。内臓脂肪型肥満の判定は、おへその周りの腹囲を測定します。
男性は85cm以上、女性は90cm以上で内臓脂肪型肥満と判定されます。

内臓脂肪型肥満と判定された人で、以下の3項目のうち2項目以上が該当したら、メタボリックシンドロームと診断されます。

1. 脂質代謝異常
高中性脂肪血症 : 150mg/dl以上 かつ/または
低HDLコレステロール血症 : 39mg/dl以下

2. 高血圧
最高(収縮期)血圧 : 130mmHg以上 かつ/または
最低(拡張期)血圧 : 85mmHg以上
(高血圧の基準値よりも厳しくなっています)

3. 高血糖
空腹時高血糖 : 110mg/dl以上

高脂血症、高血圧症、糖尿病の治療を受けている場合もそれぞれの項目に含めます。

リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満

肥満にはリンゴ型肥満洋ナシ型肥満があります。

リンゴ型肥満は上半身肥満とも呼ばれ、中年以降の男性に多くみられます。この型の肥満は高脂血症、高血圧、糖尿病を合併することが多いため、治療が必要な肥満、肥満症として扱われます。

洋ナシ形肥満は更年期以前の女性に多く、病気を合併することは少ないため、単なる肥満として扱われます。

メタボリックシンドロームの危険性があるのはリンゴ型肥満です。洋ナシ形肥満は皮下脂肪で構成されますが、リンゴ型肥満は内臓脂肪で構成されます。内臓脂肪細胞は血圧を上げたり、血糖を高めたり、動脈硬化を促進する物質を生産、分泌し、肝臓の遊離脂肪酸の増加により高脂血症を引き起こします。

しかし、内臓脂肪は皮下脂肪よりも減らしやすい脂肪です。運動の習慣を作れば短期間で減らすことができますので、ジョギングやウォーキングなどを始めてみてはいかがでしょう。

肥満

メタボリックシンドローム

高脂血症

動脈硬化

高尿酸血症・通風

肝機能異常

脂質異常症

血圧が高い

低血圧

貧血

リンク

(C) Copyright 健康診断の結果が出たら Since 2008