高脂血症

悪玉コレステロールや中性脂肪が増加し、善玉コレステロールが低下した状態を高脂血症といいます。動脈硬化が進む恐れがあります。
Top 健康診断の結果が出たら > 高脂血症

健康診断で高脂血症と診断されたら

コレステロールと中性脂肪

コレステロールや中性脂肪と聞くと、体に良くないもの、減らしたほうがいいものという印象を受けますが、実は私たちが生きていくために大切な役割を担っています。

コレステロールには、

といった役割があります。

中性脂肪には、

といった役割があります。

したがって、コレステロールも中性脂肪も基準値内の一定量は必要不可欠なのです。

高脂血症とは

高脂血症とは、総コレステロール、悪玉(LDL)コレステロール、中性脂肪のうちのいずれか、または複数が増加し、善玉(HDL)コレステロールが低下した状態です。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は全身の細胞にコレステロールを運びます。増加すると血管壁に沈着し、動脈硬化をすすめます。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)は血管壁に溜まった余分なコレステロールを回収し、肝臓へ運びます。

中性脂肪が増え始めると、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減り始めます。それだけで動脈硬化の促進につながります。

高脂血症対策 高脂血症を予防する

高脂血症と診断される方の食生活には共通する特徴があります。食べ過ぎや偏食に注意し、正しい食生活を長続きさせることが大切です。

高脂血症と診断されたら、糖質(砂糖、菓子類、ジュース、果物など)やアルコールの制限が必要です。バター、ラード、うなぎ、いくら、卵類、コーヒー、炭酸飲料なども極力控えるよう気をつけましょう。

逆に、淡色野菜、緑黄色野菜、海草、きのこ、こんにゃくは積極的に食べたい食品です。

ウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動を楽しみましょう。
適度な運動は中性脂肪を低下させ、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増加させる作用があります。

煙草は善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させます。また、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を酸化、変性させて、動脈硬化を促進します。
できれば禁煙したいものです。

ストレスも大敵です。過剰なストレスはコレステロールを増加させます。上手な気分転換を。

肥満

メタボリックシンドローム

高脂血症

動脈硬化

高尿酸血症・通風

肝機能異常

脂質異常症

血圧が高い

低血圧

貧血

リンク

(C) Copyright 健康診断の結果が出たら Since 2008