動脈硬化

動脈硬化とは、血管の弾力性が失われ、さらに内壁にコレステロールが沈着することによって血流障害を起こす症状で、心筋梗塞や脳卒中の原因となります。
Top 健康診断の結果が出たら > 動脈硬化

健康診断で動脈硬化と診断されたら

動脈硬化とは

血管は本来は、しなやかで弾力性のある組織です。しかし、年齢が増すごとに弾力性が失われていき、硬くなります。
それに加えて、動脈の血管壁にはコレステロールなどが沈着していきます。血液中のコレステロールが増えると、血液サラサラの状態ではなくドロドロしてきて、血管の内側に付着していくのです。すると当然血管の内腔は狭くなっていきますから、血液が流れにくくなります。
このように、血管が硬く、狭くなり、血液の流れに支障が生じる状態を動脈硬化といいます。

動脈硬化が招く疾患

心筋梗塞や脳卒中の最大の原因は動脈硬化です。他に脳虚血、一過性脳虚血発作、大動脈解離、閉塞性動脈疾患、狭心症、腎障害、腎不全などの疾患を招きやすくなります。

動脈硬化の注意点

年齢が上がるにつれて動脈硬化は出現してくるものです。深刻な問題は、動脈硬化の進行が加速していくことです。では、動脈硬化の進行を加速させる原因は何か。以下に例を挙げてみます。

当てはまる症状が多いほど、動脈硬化の進行が速くなっていきます。なかでも高脂血症には特に注意が必要です。

動脈硬化の対策

動脈硬化を進行させないためには、どんな対策が有効でしょうか。一番に思い浮かぶのは、やはり食生活ですね。食べすぎないこと。特にステーキ、ハンバーグ、焼き鳥などの肉料理や、天ぷら、トンカツ、唐揚げやフライドポテトなどの揚げ物、油料理、ケーキやチョコレートなどのお菓子類は控えめにするのがいいでしょう。ビール、日本酒、その他のアルコール飲料は適量を守りましょう。煙草を吸われる方は禁煙も考えてみては?また、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を実行したり、日常生活でストレスを溜めないようにすることも有効です。なお、女性の場合、閉経後に男性と同じように動脈硬化が起こりやすくなる傾向がありますので、対策を考慮するといいでしょう。

肥満

メタボリックシンドローム

高脂血症

動脈硬化

高尿酸血症・通風

肝機能異常

脂質異常症

血圧が高い

低血圧

貧血

リンク

(C) Copyright 健康診断の結果が出たら Since 2008