脂質異常症

脂質には中性脂肪と悪玉・善玉のコレステロールがあり、それらのバランスが崩れると健康に支障をきたすことがあります。
Top 健康診断の結果が出たら > 脂質異常症

健康診断で脂質異常症と診断されたら

脂質異常症とは

脂質異常症とは、脂質を構成する成分のバランスが崩れた状態のことをいいます。具体的には、中性脂肪や悪玉コレステロールが増えた状態、または、善玉コレステロールが減った状態のことで、健康に支障をきたす原因となります。
脂質異常症は、特に動脈硬化を引き起こす要因となり、心筋梗塞や脳梗塞を発症することも少なくありません。心筋梗塞や脳梗塞は、近年では40〜50歳代から発症しています。

コレステロールと中性脂肪

コレステロールと中性脂肪は、生きていくために必要なもので、体内で重要な役割を担っています。ですので、少なければ良い、数値が低いほど良いというわけではなく、一定の基準量は満たしていなくてはなりません。脂質異常症とは、単に脂肪が増えた状態というよりも、バランスの問題なのです。

コレステロールは、体を形成する細胞膜や、副腎皮質ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンの材料となります。また、食物の脂肪を消化するための手助けをする『胆汁酸』の主成分でもあります。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)の2種類があります。
悪玉コレステロールは肝臓から血管へ入り、全身の細胞へコレステロールを運びます。体に必要な成分を運ぶのだから、『悪玉』と呼ぶのもかわいそうな気もしますが、悪玉コレステロールが増えすぎると血管壁に沈着し、動脈硬化を進めます。
一方、善玉コレステロールは、血管壁に溜まった余分なコレステロールを肝臓へと回収してくれます。

中性脂肪は、筋肉や心臓を動かすエネルギー源となります。体温を一定に保つ役割もあります。また、ダイエットで目の敵にされる皮下脂肪にも、体外からの衝撃を吸収するという役割があります。しかし、中性脂肪が増えると善玉コレステロールが減少する傾向があり、それだけで動脈硬化を促進してしまう原因となります。

脂質異常症を予防する

脂質異常症と診断される方には、食生活での共通点がいくつかあります。毎日の食事の内容を検討・改善し、食べすぎないなど、食べ方にも配慮が必要です。正しい食生活を習慣づけて長続きさせることが望まれます。

野菜、海藻、きのこ、こんにゃくは、しっかり食べたい食品です。積極的に摂りましょう。

魚介類、大豆製品、乳製品、酢、醤油、味噌、香辛料は、普通に食べて良い食品です。

高中性脂肪血症と診断された方は、和菓子、洋菓子、ジュース、アルコール飲料を極力控えましょう。果物、砂糖、油脂(植物性を含む)、南瓜、ご飯、パン、麺類は控えめに。

高コレステロール血症と診断された方は、バター、ラード、ベーコン、うなぎ、いくら、レバー、卵を極力控えましょう。肉類は控えめに。

生活習慣も見直しが必要です。ウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。適度な運動は中性脂肪を低下させ、善玉コレステロールを増加させる作用があります。
喫煙は善玉コレステロールを減少させます。また、悪玉コレステロールを酸化、変性させて、動脈硬化を促進します。禁煙に挑戦してみましょう。コツは、諦めず何度も挑戦することです。
過剰なストレスは悪玉コレステロールを増加させます。ストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。

肥満

メタボリックシンドローム

高脂血症

動脈硬化

高尿酸血症・通風

肝機能異常

脂質異常症

血圧が高い

低血圧

貧血

リンク

(C) Copyright 健康診断の結果が出たら Since 2008